外国法人の会社設立

外国法人の会社設立におけるビザ発給のサポート

外国法人の設立は、海外企業が出資することになり、国内で新たな法人を設立することになります。この外国法人の設立は、単に国内に支店的な役割の店舗を構えることとは異なり、独立した法人を国内に設立する事になり、個々の海外企業は国内で法的に定められた責任を負うことになります。

このような外国法人の設立においては、海外企業の国内での設立を熟知した専門家によるサポートが欠かせません。

外国の企業が国内において法人を設立するケースでは、特定の形態を選択することが必要になり、法的な規則に沿った運営が必要になります。このような海外企業は、法的に幾つかの形態に分類される事になり、それぞれの形態により異なる法的な責任を負うことになるのです。

そのため、起業の際には、個々の事業形態に応じ、法律で定められた手続を行うことが必要です。

この外国法人は、適切な法律上の手続きを行うことで正式に法人格が与えられる事になりますが、その為には会社の名義で金融機関の口座の開設をすることや、不動産の契約など、多種多様な手続きが必要になります。

また、国内在住や雇用の面では、正式な就労ビザを発給してもらう必要もあり、これらの手続きにはビザ取得のために専門的なサポートも必要になります。そして、外国法人の設立では、基本的な手続きとして設立する会社の事業目的や役員の任命、その事業の基本的な事項を定款に記載し提出する事が必要です。

会社が成立するためには、登記申請を行う事が必要になり、これらの手続きには法的に専門的な知識が欠かせないものとなるのです。

特に、定款の作成業務では、事業に関する基礎的な事項を正確に定める必要があり、本拠地で取得すべき書類も数多くありますので、必要事項を念頭に置き入念な準備を整えておく必要があります。

これら会社設立の手続きでは、法的な定款の認証が必要で、口座の認証を済ませ、役員等の確認が完了し、資本金の確認が完了したら、会社設立が完了することになります。

これら会社設立の一連の手続きは、各種の役員の選任が必要になりますが、代表取締役に任命された方は、国内に住所が必要となるために、このようなポイントも把握しておく必要があるのです。

これらの外国資本の法人の設立では、会社設立の手続の際に数多くの必要書類の提出が義務付けられていますので、会社設立で必要となる書類作成をサポートしてもらう為に、専門的な事務所からの協力が必要になります。