会社設立とビジョン

会社設立とビジョンについて

みなさんの勤めている会社は業務目標などは定めていますでしょうか。部署の目標や個人の目標のことではありません、あくまで会社全体の目標のことを意味しています。

これらがしっかりしてない会社は、あえて定めなくても十分な利益を上げることが出来る会社、ないしは経営者の考えが固まっておらず、その場その場で浮き草生活をしている経営者であるかのどちらかでしょう。

また、現段階では目標があっても、それがコロコロと変わってしまうような場合にもまた注意が必要です。その場合は一貫性がなくその場その場の状況に応じて行き当たりばったりの指示を出していることが多く、どうしても現場がそのあおりを受けてどたばたしてしまいがちなのではないでしょうか。

みなさんがもし新しく会社設立を考えているのであれば、明確なビジョンを持って会社設立を行うべきでしょう。

やはり会社を経営していくということは、それだけたくさんの方に影響力を持つということになります。社員のかたがたにとっても、取引先のかたがたにとっても影響は少なからずあるのです。

ですから、明確なビジョンを持って会社設立を行うことで、安心して働ける、または安心して取引ができる企業へと成長していくのではないでしょうか。

社員のかたが安心できる会社とは、目標がしっかりしている会社です。その目標に向かって社員全員が一丸となって働くことが出来るようになるためには、やはり確固たる目標が必要なのです。

どのようなことでもかまいません。達成が簡単なものを積み重ねていくパターンや、大きな目標をもって長い時間をかけて積み上げていくパターンもあるでしょう。

しかし、いずれにせよその目標を設定するのは経営者である皆さん自身ですので、そのみなさんがしっかりとしたビジョンを頭の中に描けていなければそれを目標として落とし込んでいくことは出来ないのです。

会社設立からその後の経営をこなしていくのは大変な労力やお金が必要です。会社が軌道に乗るまでは、本当にさまざまな苦労をしなければならないでしょう。

しかし、その苦労があるからこそ、会社設立を行う意味があると考えてみてはいかがでしょうか。苦労は買ってでもしろとよく言いますが、その苦労を乗り越えて勝ち取ったものは何にも変えがたいのです。

会社設立を行うことによって、その達成感と会社が大きくなっていくことへの充実感を感じ、楽しく充実した生活を送ることが出来るようにがんばりましょう。

  • 最適な時期って?

    会社設立に最適な時期って? 会社設立は常に最高の結果を求めて行うものです。 それを行う人にとって人生を左右するものになることもあるわけですから、出来ることはなるべくしておきたいと思うのが普通です。 そのため会社設立を行う …

    続きを読む...

  • 会計帳簿作成の意味

    会社設立における会計帳簿作成の意味とは 法人税法では会計帳簿についての規定が厳密になされており、複式簿記による取引の仕訳(仕訳帳)や、その取引を勘定科目ごとに分類整理したもの(総勘定元帳)の作成、などが義務付けられていま …

    続きを読む...

  • コンサルタントのアドバイス

    会社設立時に有用な専門のコンサルタントのアドバイス 会社設立を行う事で、多種多様なメリットを得る事が出来ます。その中には、会社経営に伴う節税効果があり、収益が大きい会社の場合は税率が有利になるなどの利点があります。 また …

    続きを読む...

  • 発行株式数と役員報酬

    会社設立した場合の発行株式数と役員報酬 会社設立は株式会社であれ有限会社であれ、それぞれ法に定められた一定の手続きがありますが、自分一人で総てを完了させることも出来ます。しかし専門知識がない場合は何かと面倒なことが多いの …

    続きを読む...